自然とのふれあい 豪雪の里、新潟県津南町、秘境、秋山郷

私が生まれた新潟県津南町です。日本一の豪雪地帯で、秋山郷と共にたびたびTVに登場します。冬は白一面の銀世界です。津南町の特産米はコシヒカリ や山菜、温泉も多く川と山に囲まれています。お酒やそばもおいしいです。妻有そばと十日町そばがあります。縄文時代の土器や遺跡も出土しました。今は道路や鉄道も整備されて、東京からは近くになりました。是非、観光に行って見て下さい。

http://www.green-pia.com/tunan/page_top/top.html

よく山遊びをしました。春は山菜、タケノコ取り、夏は川遊び、岩魚釣り、秋はきのこ取り、冬はスキーをはいて山散歩、良くウサギを見かけました。緑の中で育ちましたので、自然の無垢の木が好きで、木の家づくりをしています。小学校5年の時に新潟地震を経験しました。木造校舎がぐらぐらっと船が大波で揺れるようでした。中越地震の時は、お盆に帰郷しましたが実家は大丈夫でした。川を挟んだ右側と左側でゆれの大きさがが違ったと言う事です。皆様にはご支援を頂きありがとうございます。

長野県の栄村につながる秋山郷は、秘境100選の一つ、平家の落人の部落でもありました。私が田舎にいた頃は、陸の孤島といわれ、半年雪に閉ざされていました。猟師のマタギの世界でもありました。私も小学校6年の時に、かんじきを履いて4キロの学校までの道を、朝7時に出て昼12時に小学校につく、何てこともありました。道は1本道で、振り返れば道が消えかかっていました。おかげで辛抱強くなっています。向こうの方言では、こんにちは、は、『はいこんちょ』と言います。一番右は見玉不動尊で、目ぐすりの木があります。

私の郷里の津南町の方で行われている、大地の芸術祭をご紹介します。

http://www.echigo-tsumari.jp/

**************************

1_3Img_3202_2 Img_3206_2 Img_3204 Photo_4