好きな家づくりは [火][風][水][土] 日本のこころと四季

[][][][]皆さんは何に癒されますか。私は土かな、暖炉の火が好きな人、クリスマスのろうそくの明かり、キャンドル、海の風、山の風が好きな人、木の葉にそよぐ心地よい風、小川を流れる水のせせらぎ、力強く落ちる滝の水音、中秋の名月を、広縁で水鉢の中の水に写して楽しむ、日本人ならではのなんとも言えない風情があり、タダで宇宙を取り込んで楽しむと言う凄い発想。

木や草花は、土からうまれ、育ち花が咲き、実が成る、そんな所が、私が木の家づくりをしている原点なのかもしれません。そしてそこに[火][水][風]を呼び込め、調和できたらと思います。

春、夏、秋、冬、の四季があるのも日本ならではの事、上手に付き合って楽しく生きたいですね。

*********************************  

高尾山から見た富士山 板張りの家 鹿沼公園の桜 秋の津久井湖 ハヤブサの相模原の宇宙科学研究所 JAXA

_0000_2   1000087_img  1090998_img 1101056_img _0204  Img_2938Photo_9 2 1121283_img

1121280_img_2

_0005_00021000083_img_21000084_img_0007_2

1090987_img Img_1750 Img_1751 Img_1759 022

_0279_06821050543_img1050518_img1090992_img_0301_0227

日光の五重の塔 木づくりのの最高峰

これは、日光にかってあったと思われる五重の塔の宮大工さんの設計図と思われます。徳川の時代に建てようとしていたのかも知れません。

大工さんなどの職人さんの名前や、当時の普請奉行の名前と、工事費用が金何万両などと書かれています。昔の職人さんは、誇りをもって仕事をしていたのが良くわかります。

中央の大黒柱は、宙ずりで地震の時に揺れて吸収するように作ってあります。高層ビルのくねくねと動くようにしてある地震対策と共通するものだと思います。

現代ではこれを作れる職人はいないと思います。この伝統技法を何とか次の世代に受け継いでもらいたいものです。全て国産の桧などの無垢の木を使っています。準備にも相当時間をかけたでしょうね。木の香りが届きそうです。

5

トトロの木の家、豊かに暮らす趣味  沖縄の空とソフトボール

トトロの家のような思い出はありますか。私は豪雪で有名な新潟県の津南町で生まれ育ちました。子供の頃は、農家でしたので、豚や牛、にわとりやヤギも飼っていましたね。ヤギの乳搾りをやりました。小川には、岩魚、サワガニやどじょうなどがいました。秋の星空は、すぐそこに見えて、それはきれいでした。良く流れ星を見ながら帰りました。人口衛生も星を追い抜いていくので、わかります。空気の澄んだ所へ行った時は、星空を見て下さい。27歳ころからソフトのチーム(グループ狂人、まじめ人間の集まりです)に参加しています。毎年合宿をやるのですが、今年は沖縄へ行ってきました。やはり健康が一番ですね。健康でおいしい物を食べたいです。

Photo        1060683_img

_0789

_0793_0795_0809Photo_9 _0691 _0683 

Rimg2064